薄毛治療 男性型脱毛症

AGA治療について

AGA(男性型脱毛症)の治療は皮膚科などのクリニックをはじめ、専門外来などで治療を受ける事ができます。
クリニック選びで大事な条件としては、頭髪治療の実績です。治療内容がプロペシアの処方だけのクリニックは現状維持が目標になってしまいます。

 

 

皮膚科では薄毛治療ではプロペシアの処方のみですが、薄毛治療の専門クリニックではミノキシジルやミノキシジルのタブレットなども処方しています。
血流をしっかり改善することで、毛根を活性化します。

 

 

 

薄毛治療専門のクリニックが増えています。ライカグループが運営するAACクリニックやAGAスキンクリニックなどが有名です。
プロペシアの処方だけでなく、HARG療法や自毛植毛も行なっています。

 

 

 

 

 

薄毛治療クリニックではHARG療法やAGAメソセラピーをおこなっています。
メソセラピーとは成長因子を含んだカクテルを頭皮から注射します。成長因子は毛根の細胞を再生、活性化することで発毛を促進します。

 

 

 

AGAは20代、30代にも多い薄毛の症状です。若ハゲとも言われています。ただ、若い内は毛根の細胞が活性化しやすいため、早めに薄毛治療をする事をおすすめします。AGAは進行する薄毛です。放置していると、どんどん髪の毛は薄くなってしまいます。そのため、なるべくはやく薄毛対策を行う事が重要になります。

 

 

 

 

AGAの原因の多くは遺伝による体質です。男性ホルモンやレセプターの感受性などが要因です。
両親や親兄弟などに薄毛の人が居る場合、AGAになる可能性は十分あります。AGAは主に頭頂部、生え際、M字型脱毛があります。進行するにしたがって頭皮が透けて見えるようになります。毛乳頭、毛母細胞の活動停止によって産毛が増える事が要因です。

 

 

 

 

 

 

AGAの薄毛治療では外用薬や内服薬の使用がメインになります。決められた1日の量を塗布、服用する事が重要です。
薄毛治療のディフェンスの役割をするフィナステリド(プロペシア)、オフェンスの役割をするミノキシジル(リアップ)がメインです。

 

 

薄毛の原因はヘアサイクルの乱れです。髪の毛は成長期、退行期、休止期、脱毛という周期を繰り返します。
一般的にヘアサイクルは2年から5年です。AGAの場合、ヘアサイクルは1年ほどになってしまいます。

 

 

薄毛対策ではフィナステリドを服用するディフェンス治療だけでなく、毛乳頭や毛母細胞を活性化するオフェンス治療も重要です。
頭皮の血流を改善し、毛乳頭に栄養分をしっかり送る事で、毛髪は成長しやすくなります。

 

 

代謝が活発な世代は、毛根の細胞がしっかりしているため、薄毛治療をしやすいのですが、60代以上になると薄毛治療はかなり難しくなります。毛根の細胞が弱っている時はミノキシジルやHARG療法を行うようにします。それでも難しい場合は自毛植毛で後頭部から移植します。

AGA治療とクリニック

 

AGAは進行形の薄毛です。主に頭頂部から薄くなるO型、生え際が交代するタイプ、M字型に脱毛するタイプがあります。どれも男性ホルモンが関与した脱毛症です。フィナステリドで薄毛の原因となるDHTを阻害する事が重要です。

 

 

AGA治療は主に皮膚科、内科で行なっています。頭髪専門クリニックは都市部が集中しているため、地方では地元の病院に確認してみることをおすすめします。また、頭髪治療は保険が効かないため、地元の病院でも初診料や薬代で1万円以上はかかる事があるので、確認することをおすすめします。

 

 

皮膚科でのAGA治療はプロペシアの処方のみで終わる事がほとんどです。プロペシアに含まれるフィナステリドは5αリダクターゼという特殊酵素を阻害し、DHTの生成を抑えます。その結果、抜け毛の発生を減らします。主に薄毛にたいするディフェンス治療のみになります。

 

 

 

 

AGAで最も気になるのが治療費です。一般的な病院でも保険が効かないために高額です。頭髪専門クリニックになると毎月の治療費が3万円近くかかります。AGAクリニックは一般的な病院に比べると、治療薬やサプリメントなどを多く処方しています。

 

 

AGAクリニックでの薄毛治療は、頭髪治療専門の医師が頭皮のチェックを行い、血液検査や血圧検査をしたうえで、治療薬を処方している点です。月に一度の割合で、薄毛の症状を確認しつつ、高濃度の薬品やサプリメントで薄毛治療にアプローチします。

 

 

薄毛治療の専門クリニックも最近では増えてきました。専門の医師が対応し、様々な治療薬や治療法を行なっています。治療実績が多いのはライカグループが運営するAACクリニックが有名です。その他には全国にクリニックがあるAGAスキンクリニックなどがあります。

 

 

AGAといえば男性の薄毛の事をいいますが、女性にもAGAがあります。正確にはFAGAと呼ばれる脱毛症です。女性のAGAには頭頂部を中心に薄毛になるルードウィッグ型、クリスマスツリー型、ハミルトン型があります。最も多いノアがルードウィッグタイプです。

 

 

女性の薄毛の多くはびまん性脱毛症です。30代以降、女性ホルモンのバランスが乱れる頃に増えてきます。びまん性脱毛症は頭頂部あたりが全体的に薄くなる症状です。血流やコラーゲンなどに影響をあたえる女性ホルモンが減少すると、髪の毛は抜けやすくなります。

更新履歴